記事一覧

原生林に突如現れるガイドブックにも無い迫力満点の滝! 特別名勝 三段滝に行く! 北海道芦別市

三段滝は、富良野から岩見沢方面に約30キロ、車で40分弱の北海道芦別市奥芦別の芦別川上流にある落差10メートル、幅(長さ)70メートルの滝です。三段滝公園を構成し、芦別市の特別名勝に指定されています。この滝は、名前の通り大きく三段(細かく言うと何十段か分かりません)に別れて落ちています。更に水量によってその見え方がだいぶ違ってきて、やはり雪解けの頃が最も迫力があるそうです。夏の姿しか見ておりませんが、それでも...

続きを読む

飛騨高山のビジネスホテルに無料ビデオシアター付き格安で泊まる! ホテルアルファーワン高山バイパス

高山市は岐阜県の北部にある地域で、実は日本で最も広い市町村です。その広さは実に2,177.61平方キロメートルに達し、これは香川県(1,862平方キロメートル)、大阪府(1,904.99平方キロメートル)より広く、東京都(2,190.90平方キロメートル)の広さに匹敵します。現在では府県を上回る広さを持つ唯一の市町村となっています。しかしながら、そのうち92%は山林なんです。そんな高山は、北部に飛騨山脈を従えるとともに、市街地に江戸時...

続きを読む

洞爺湖をまるっと楽しむ! 洞爺湖温泉 ちんこ島 花火 とうや湖ぐるっと彫刻公園 北海道のお奨め観光スポット

洞爺湖(とうやこ)は北海道の喉元、喉仏のすぐ下(上?)辺り、北海道南西部、登別からもそう遠くない地域で、道央の最も道南寄りにある周囲約50キロ、真ん中に島がある、丸いドーナツ型のカルデラ湖です。丸い形の洞爺湖周辺を、まるっと楽しんじゃいましょう!洞爺湖は面積が70.72平米、同じ北海道の支笏湖(しこつこ)に次いで日本で9番目に大きい湖です。また、支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)に指定されており、...

続きを読む

旅の必須アイテム 超大容量モバイルバッテリー Anker「PowerCore 20100」

旅に出るとき、心配なのがスマホやパッドのバッテリー。そんな時に役に立つのがモバイルバッテリーです。車で移動ならともかく、長距離バスや鉄道、船などではコンセントを探すのが大変です。そんな時に必須アイテムなのがモバイルバッテリーなのですが、最近では消費電力も多くなり、昔の容量の少ないバッテリーでは何個も持ち歩かざるを得ず、不便を感じたこともあるのではないでしょうか。最近では非常に容量の大きなバッテリー...

続きを読む

奥高野 秘境の温泉宿で川魚三昧! 野迫川温泉 ホテルのせ川

奈良県の奥高野、秘境とも言える山の中にある野迫川(のせがわ)温泉「ホテルのせ川」にお世話になりました。食事食事は、何と川魚づくしです。夕飯時には洗い、塩焼き、甘露煮、翌朝には開きの干物が出ました。けれども、洗いにはちょっとばかり勇気が要りました。「川魚には寄生虫がいるので生食は避けた方が良い」という話がありますからね。でも、思いきって食べてみると、やっぱり美味しいんです。何という魚か忘れてしまいまし...

続きを読む

プロフィール

士夢亜 宗幸

Author:士夢亜 宗幸
永い永い人生の旅真っ只中、いつも気ままに旅する(自称?)journeyist(ジャーニイスト)、士夢亜宗幸(しむあむねゆき)です。あ、読みにくかったり長すぎたら、「しむあ」でも「しむ」「し」でも何でも結構です(笑)。

国内で訪問したのは47都道府県、海外はちょっぴり7ヵ所だけ。とにかくお出かけ大好きて、ついウッカリと、どこかにさ迷ってしまいます。じっくり滞在するよりもどちらかと言うと移動が好きで、空も海も鉄道も好きだけど、最近は四つ足で道路を転がる事が多いかも。飛行機はANA派て、SFC入手済み。

あとは、大きなお風呂が好きです。手足が伸ばせる大きなお風呂。ほっこりくつろげますよね。別に温泉に限らなくても大丈夫です。

旅先で目に飛び込む景色、耳に聞こえる音、肌に感じる風の感覚、口の中で広がる味わい、そして新しい出会い、そういったものが心に響いて奏でるのが、「旅の音」です。

私の胸の内からこぼれ落ちたそんな「旅の音」のかけらを、人知れず消えていく前に拙い筆先で記録(旅ノート)してみたいと思っています。

あ、ブロとも、相互リンク、お待ちしておりますm(__)m

月別アーカイブ

ご足労有り難うございます

カテゴリ

宜しくお願いします

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

広告