記事一覧

太平洋弾丸ツアー おがさわら丸で行く 世界自然遺産 小笠原父島 0泊3日の旅

目にも鮮やかなボニンブルーに染まる太平洋にぽっかり浮かぶ、小笠原諸島父島。東京都心部からほぼ南に約1000キロの孤独な世界自然遺産です。そんな父島目指して、0泊3日の弾丸ツアーに参加しました。さてはて、チケットはどう買う?船内で必要なものは?どうやって過ごす?部屋は?食事は?シャワーは?3代目おがさわら丸に乗って弾丸ツアーを体験してきた情報を少し書いてみたいと思います。小笠原諸島って?小笠原諸島は、都内...

続きを読む

対馬、比田勝港に九州郵船のフェリー「フェリーげんかい」で渡る!

対馬は長崎県に属し、玄海灘北側、本土より132キロ(朝鮮半島までは49.5キロ)の沖合いに浮かぶ、周囲約900キロ、面積約700平米と、奄美大島に次ぐ大きな島(国内10位)です。東西は最長18キロですが、南北には82キロと、細長い島となっています。対馬に行くには、飛行機か船で渡れます。飛行機の場合は福岡空港、または長崎空港から対馬空港(対馬南部)の便が就航しています。船の場合は博多港から厳原港(対馬南部)へのジェットフォイ...

続きを読む

世界文化遺産『神宿る島』宗像・沖ノ島に遙拝 宗像大島に渡る!

福岡県の宗像大島は、2017年7月9日に世界文化遺産となった、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する一つです(筑前大島とも呼ばれます)。厳密に言うと、宗像大島には、世界遺産を構成する八つの資産のうち、宗像大社「中津宮(なかつぐう)」と、沖ノ島の沖津宮を遙拝(ようはい:遠く離れた所から拝むこと)する「沖津宮遙拝所(おきつぐうようはいじょ)」の二つの資産があります。宗像大島は神湊港(こうのみなとこう)から...

続きを読む

朱鷺のいる島、佐渡島にフェリーで渡ろう! 佐渡汽船 高速カーフェリーあかね(直江津~小木航路)

朱鷺のいる島、日本で沖縄本島に次ぐ大きな島、金山でも有名なこの佐渡島に渡るには、3つの航路があります。一つ目は、新潟港から両津港に渡るに航路です。この航路には、二つの種類があります。カーフェリーとジェットフォイルです。二つ目は寺泊から赤泊に渡る航路です。この航路は高速船のみですが、赤字解消のため冬季は運休となっています。三つ目は、直江津港から小木港の航路で、高速カーフェリーのみですが、赤字解消のた...

続きを読む

伊豆大島~八丈島 定期便ヘリコプター(東邦航空)

伊豆大島や八丈島に旅するとしたら、あなたはどんな交通機関で移動しますか?実はここには愛らんどシャトルという、日本で唯一のヘリコプターの定期便が就航しているのです。早速伊豆大島~八丈島の区間で乗ってみました。東京愛らんどシャトルと命名されています。どきどき、ワクワクでもう待ちきれないので、早速乗り込んでみますね。乗り込んでみると、このヘリは乗員2名、乗客9人乗りです。言っちゃあ何ですが、高価な運賃の割...

続きを読む

プロフィール

士夢亜 宗幸

Author:士夢亜 宗幸
永い永い人生の旅真っ只中、いつも気ままに旅する(自称?)journeyist(ジャーニイスト)、士夢亜宗幸(しむあむねゆき)です。あ、読みにくかったり長すぎたら、「しむあ」でも「しむ」「し」でも何でも結構です(笑)。

国内で訪問したのは47都道府県、海外はちょっぴり7ヵ所だけ。とにかくお出かけ大好きて、ついウッカリと、どこかにさ迷ってしまいます。じっくり滞在するよりもどちらかと言うと移動が好きで、空も海も鉄道も好きだけど、最近は四つ足で道路を転がる事が多いかも。飛行機はANA派て、SFC入手済み。

あとは、大きなお風呂が好きです。手足が伸ばせる大きなお風呂。ほっこりくつろげますよね。別に温泉に限らなくても大丈夫です。

旅先で目に飛び込む景色、耳に聞こえる音、肌に感じる風の感覚、口の中で広がる味わい、そして新しい出会い、そういったものが心に響いて奏でるのが、「旅の音」です。

私の胸の内からこぼれ落ちたそんな「旅の音」のかけらを、人知れず消えていく前に拙い筆先で記録(旅ノート)してみたいと思っています。

あ、ブロとも、相互リンク、お待ちしておりますm(__)m

月別アーカイブ

ご足労有り難うございます

カテゴリ

宜しくお願いします

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

広告