記事一覧

弟橘媛所縁の袖ヶ浦で駅に近いビジネスホテルに泊まる! ビジネスホテル タカザワ 長浦駅前店

袖ヶ浦は、千葉県の中央部、東京湾側に位置する町です。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東方の蛮族の討伐を命ぜられ、焼津での火攻めの後に相模の国から走水(はしりみず:浦賀水道)を渡る際に海神の怒りを買って大時化に遭い、妃の弟橘媛(オトタチバナヒメ)が海中に身を投げて海神の怒りを鎮めたと言います。その妃の袖が流れ着いた、ということから袖ヶ浦と呼ばれるようになりました。その後日本武尊は陸路房総半島を横断し、や...

続きを読む

房総半島の最先端の温泉宿に泊まる! 南房総 味覚と眺望の宿 ホテル南海荘

房総半島の、本当に南の端でした。そこから先の景色は、野島崎の灯台と、その灯台がただ静かに見守る、そこから広がる太平洋の大海原しかありませんでした。野島崎灯台は、本当に目とはなの先ですが、最も古い洋式灯台のひとつだそうです。また、付近では野島崎海底透視船というグラスボートがあって、海底の様子も楽しめるそうです。近いようで遠いイメージもありますが、最近ではどんどん道路が整備されて、東京からアクセスは車...

続きを読む

プロフィール

士夢亜 宗幸

Author:士夢亜 宗幸
永い永い人生の旅真っ只中、いつも気ままに旅する(自称?)journeyist(ジャーニイスト)、士夢亜宗幸(しむあむねゆき)です。あ、読みにくかったり長すぎたら、「しむあ」でも「しむ」「し」でも何でも結構です(笑)。

国内で訪問したのは47都道府県、海外はちょっぴり7ヵ所だけ。とにかくお出かけ大好きて、ついウッカリと、どこかにさ迷ってしまいます。じっくり滞在するよりもどちらかと言うと移動が好きで、空も海も鉄道も好きだけど、最近は四つ足で道路を転がる事が多いかも。飛行機はANA派て、SFC入手済み。

あとは、大きなお風呂が好きです。手足が伸ばせる大きなお風呂。ほっこりくつろげますよね。別に温泉に限らなくても大丈夫です。

旅先で目に飛び込む景色、耳に聞こえる音、肌に感じる風の感覚、口の中で広がる味わい、そして新しい出会い、そういったものが心に響いて奏でるのが、「旅の音」です。

私の胸の内からこぼれ落ちたそんな「旅の音」のかけらを、人知れず消えていく前に拙い筆先で記録(旅ノート)してみたいと思っています。

あ、ブロとも、相互リンク、お待ちしておりますm(__)m

ご足労有り難うございます

カテゴリ

宜しくお願いします

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

広告