記事一覧

朝食無料、ウッドデッキのあるリバーサイドの宿に泊まる! ホテルパラダイスイン佐々インター

長崎県の北部、北松浦半島の西南部。実はこの地区は離島を除いた部分での日本の最西端になります。この地区はかつて北松炭田の炭鉱が複数あり、石炭産業で栄えました。現在では水産加工業が盛んで、その中でも煮干しは日本最大の生産量を誇るそうです。更には日本最大の敷地面積をもつテーマパーク、ハウステンボスが付近にあり、車で約30分です。今回はこの付近で川のほとりに建つ28年春にオープンしたばかりの、ホテルパラダイ...

続きを読む

恋人達の聖地と黄金の街で温泉と黄金の夕陽を楽しめる宿に泊まる! 大江戸温泉物語 土肥温泉 土肥マリンホテル

伊豆半島の中央部西側、駿河湾を臨む場所に、黄金と黄金に輝く夕陽を楽しめる温泉街がありました。付近には、土肥金山や恋人岬などもあり、それぞれの楽しみ方が出来ます。土肥金山土肥金山は、足利幕府の頃(1370年代)金山奉行がこの地で金を掘らせたのが始まりと言われています。周辺はゴールドラッシュそのままの様相で大変栄えますが、採掘量の減少により、一旦寛永2年(1625年)に休山となっています。明治39年(1906年)に神戸の...

続きを読む

うっとり県で、キノコなお宿に泊まる! 鳥取温泉 しいたけ会館 対翠閣

鳥取県と言えば何を思い浮かべますか?鳥取砂丘?出雲大社?例えば関東方面からだとなかなかアクセスもしにくいので、あまり馴染みが無いかもしれません。もちろん、上記の二つだけではなく、案外、と言ったら失礼かもしれませんが、結合魅力的な場所があるのです。例えば、以前このブログでもご紹介したことがありますが、「ベタ踏み坂」。坂と言っても、実は「江島大橋」という橋です。ダイハツのCMでの急坂で知られていますね。...

続きを読む

絶食動物を目撃?! 鳥羽を満喫出来る宿に泊まる! 鳥羽ビューホテル 花真珠

ダイオウグソクムシをご存知ですか?暫く前に話題になった、世界最大の海生のワラジムシです。メキシコ湾など、西大西洋周辺の深海200~1000メートルほどの深さの海底砂泥地に生息する、体長が20~50センチ近くにもなる海生甲殻類の一種です。カタカナで書くと分かりにくいのですが、グソクは「具足」、結局ワラジムシの大王だってことですね。実は最も話題になったのは、2014年、全く食事を摂らない絶食の状態のまま、5年間以上生...

続きを読む

駅前徒歩1分、無料の朝食と大浴場のある宿に泊まる! ホテルルートイン佐賀駅前

駅の南口を出ると、ロータリーの向こうにある、ホテルルートイン佐賀駅前。佐賀城まで、真っ直ぐ直線に歩いて約2キロ、30分。車またはバスだと10分です。佐賀城は、明治7年(1874年)の佐賀藩士、江藤新平、島義勇らをリーダーとした明治政府に対する反政府活動、佐賀の乱により大半を失い、現存する鯱の門と続櫓(つづきやぐら:防御や物見のための建物)は、国の重要文化財に指定されています。なお、佐賀城址には、本丸を模した佐...

続きを読む

駅から徒歩5分、街中のワケあり格安の素敵なお宿に泊まる! 徳島県徳島市 はやし別館

徳島県徳島市、徳島駅から徒歩5分の街中。繁華街から一瞬だけ離れた静かな場所に、ワケあり格安な和風のお宿がありました。今回は、そんな便利で不思議な場所にある、そして妙なネーミングである「はやし別館」にお世話になりました。立地駅から徒歩5分、言うまでもなく、非常に便利な立地条件です。公共交通機関での移動でも、食事やコンビニへの買い出しでも楽チンで、なのに静かなのが特徴です。駐車場は、15台まで無料だそう...

続きを読む

越前大野城に徒歩圏内のお宿に泊まる! 福井県越前大野 旅館扇屋

小田家、豊臣家、徳川家を主君に持った、初代飛騨高山藩主金森長近。その金森長近が天正3年(1575年)に、織田信長より越前一向一揆を平定した恩賞として越前国大野郡の内の3万石を与えられ、数年間かけて亀山に築城したのが、現在の越前大野城です。また、福井県大野市は、霊峰白山系の山々に囲まれ、大部分が森林で構成されており、そのお陰で豊かな地下水に恵まれています。そのため、町の至るところに清水が湧いており、この近く...

続きを読む

美味しいお食事は、やっぱりまつや? 新鮮な海の幸をたらふく頂けるお宿に泊まる! 島根県松江市 味処・民宿 まつや

松屋にマツヤにまつや…いったい、何処が一番美味しいでしょうか?島根県松江市にある、境港に程近い所に、美味しい海の幸をたらふく頂けるお宿がありました。立地七類港まで約3キロ車で約6分、境港までは川向こうの目とはなの先ですが、ぐるっと回って約10分のところにあります。翌朝隠岐の島へ渡航する予定だったので、立地としては申し分のない条件でした。このお宿、どちらかと言うと味処がメインなのか、宿の入り口がわかり...

続きを読む

お腹が空いたら、マツヤ? 海が綺麗な町に泊まる! 高知県宿毛市 ホテル マツヤ 

高知県の南西部、愛媛県との県境にある、2万人が住む町、宿毛市(すくもし)。太平洋に面し、一年を通じて温暖な気候に恵まれています。また、四国の太平洋側は海が大変きれいで、場所によっては沖縄の海にもひけをとらない位の美しさです。行ってみて、そんなところが沖縄以外にあるなんて初めて気付きました。因みに、今回は車でお伺いしたのですが、深夜2時に起床し3時出発、途中名古屋付近で集中豪雨で速度規制があり、さらに京...

続きを読む

キリシタン大名の歴史が眠る街に泊まる! 大分県臼木 ニューホテル玉屋

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、キリシタン大名としても有名な、大友宗麟(おおとも そうりん)。大友宗麟は、九州の豊後国(現大分県)を本拠とした一族である大友氏の第21代当主でもあります。大友宗麟は、武将としては、日本では初めて大砲を導入したり、南蛮貿易等の海外貿易による経済力や、密な文書の発行や外交等に現れる優れた政略などにより、最盛期は九州六か国を支配していました。また、キリシタン大名として...

続きを読む

プロフィール

士夢亜 宗幸

Author:士夢亜 宗幸
永い永い人生の旅真っ只中、いつも気ままに旅する(自称?)journeyist(ジャーニイスト)、士夢亜宗幸(しむあむねゆき)です。あ、読みにくかったり長すぎたら、「しむあ」でも「しむ」「し」でも何でも結構です(笑)。

国内で訪問したのは47都道府県、海外はちょっぴり7ヵ所だけ。とにかくお出かけ大好きて、ついウッカリと、どこかにさ迷ってしまいます。じっくり滞在するよりもどちらかと言うと移動が好きで、空も海も鉄道も好きだけど、最近は四つ足で道路を転がる事が多いかも。飛行機はANA派て、SFC入手済み。

あとは、大きなお風呂が好きです。手足が伸ばせる大きなお風呂。ほっこりくつろげますよね。別に温泉に限らなくても大丈夫です。

旅先で目に飛び込む景色、耳に聞こえる音、肌に感じる風の感覚、口の中で広がる味わい、そして新しい出会い、そういったものが心に響いて奏でるのが、「旅の音」です。

私の胸の内からこぼれ落ちたそんな「旅の音」のかけらを、人知れず消えていく前に拙い筆先で記録(旅ノート)してみたいと思っています。

あ、ブロとも、相互リンク、お待ちしておりますm(__)m

月別アーカイブ

ご足労有り難うございます

カテゴリ

宜しくお願いします

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

広告