記事一覧

混浴露天風呂 「砂湯」を臨む宿に泊まる! 湯原温泉 湯原国際観光ホテル 菊之湯

岡山県真庭市にある、「湯原温泉 湯原国際観光ホテル 菊之湯」。道を挟んで旭川に面しており、自身も温泉宿でありなから、露天風呂西の横綱と言われる「砂湯」を臨む場所に位置しています。温泉三昧には、正に最適な場所に立地しているのです。
20170806135952568.jpg


と、言っても露天風呂を上から覗ける訳ではありませんが…( ̄▽ ̄;)


お部屋

総部屋数53部屋、目の前の川に面したやや低い位置に駐車場が50台分あり、無料です。
部屋は一般的な和室で、5人まで泊まれる十分に広い部屋となります。バス、トイレもそれぞれ付いており、南館は若干設備が古い分リーズナブルとなっています。更にここの宿の特徴としては、赤ちゃんが泊まれる部屋とペットと一緒に泊まれる部屋が予め設定されている、ということです。また、ペット用の部屋は専用のフロアが用意されており、一般の方が不快な思いをすることもありません。


食事

食事は三階の食事処で頂きます。食事処は和室になっていますが、和室用のやや低いテーブルと椅子があり、膝や腰に負担がありません。
また食事内容は、夕食付きのプランであれば、基本、何と国産黒毛和牛が付いてきます。豪華な気分と味が堪能できます。


温泉

温泉はアルカリ単純泉で、とろっとした感じで刺激が少なく、肌の角質を取り、ツルツルお肌の美肌の湯です。
露天風呂「冠月(かんげつ)の湯」のほか、大浴場が二つ「神庭(かんば)の湯」と「錦繍(きんしゅう)の湯」があります(このほかに有料の貸し切り風呂もあります)。神庭の湯はかなり横長で30人以上は入れそうな広さ、更には「神庭の滝」をイメージしたという打たせ湯と、美作路をイメージした造りになっていて、とても雰囲気が良い感じです。
錦繍の湯はセラミック壁画が描かれた浴室で、10人余りが入れそうな普通の大浴場の様相です。

 露天風呂
  男性:15:00~19:00
     6:00~9:30
  女性:19:30~22:30

 神庭の湯
  男性:19:30~23:00
  女性:15:00~19:00
     6:00~9:30

 錦繍の湯
  男性:15:00~19:00
     6:00~9:30
  女性:19:30~23:00

このほか、あの露天風呂西の横綱「砂湯」が至近距離です。玄関で下駄を貸してくれますので、浴衣のまま行くことができます。また、宿で湯編み着を500円でレンタルすることも可能です。ただし、宿の門限が0時なので、夜の長湯は注意が必要ですね。
なお、砂湯についての詳細は、「無料の混浴露天風呂 西の横綱 岡山県湯原温泉「砂湯」でまったり」をご覧ください。


アクセス

アクセスは、公共交通機関の場合、JR姫新線の中国勝山駅から真庭市コミュニティバス「まにわくん」37系統(蒜山・久世ルート)で35分(バス賃は200円と格安)です。
なお、岡山駅からの無料送迎(所要時間90分)もあります。

車の場合は米子自動車道の湯原I.Cより車で15分です。






人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングはこちらをクリック!



スポンサーサイト

コメント

砂湯!

士夢亜さんこんばんは!^^
「砂湯」というので、砂風呂かと思いきや、ちゃんとした温泉でした。本当に川に面していて、最高ですね!
ここ、ちょっと熊野の川湯温泉にも似ています。
ところで宝川、よくご存知ですね。^^私は群馬県生まれなので、宝川や、尻焼温泉の露天風呂も入りましたよ~!^^
ああ、こちらのブログを見ていると、本当にまだ見ぬ温泉に浸かっている気分になります。ありがとうございます。

今日も応援です^^☆☆☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

士夢亜 宗幸

Author:士夢亜 宗幸
永い永い人生の旅真っ只中、いつも気ままに旅する(自称?)journeyist(ジャーニイスト)、士夢亜宗幸(しむあむねゆき)です。あ、読みにくかったり長すぎたら、「しむあ」でも「しむ」「し」でも何でも結構です(笑)。

国内で訪問したのは47都道府県、海外はちょっぴり7ヵ所だけ。とにかくお出かけ大好きて、ついウッカリと、どこかにさ迷ってしまいます。じっくり滞在するよりもどちらかと言うと移動が好きで、空も海も鉄道も好きだけど、最近は四つ足で道路を転がる事が多いかも。飛行機はANA派て、SFC入手済み。

あとは、大きなお風呂が好きです。手足が伸ばせる大きなお風呂。ほっこりくつろげますよね。別に温泉に限らなくても大丈夫です。

旅先で目に飛び込む景色、耳に聞こえる音、肌に感じる風の感覚、口の中で広がる味わい、そして新しい出会い、そういったものが心に響いて奏でるのが、「旅の音」です。

私の胸の内からこぼれ落ちたそんな「旅の音」のかけらを、人知れず消えていく前に拙い筆先で記録(旅ノート)してみたいと思っています。

あ、ブロとも、相互リンク、お待ちしておりますm(__)m

月別アーカイブ

ご足労有り難うございます

カテゴリ

宜しくお願いします

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

広告