記事一覧

会津の郷土料理を老舗料理旅館でがっつり堪能! 福島県会津若松 料理旅館 田事

会津の郷土料理と言えば、何が思い浮かびますか?

ソースカツ丼?喜多方ラーメン?
確かに美味しいですね。でも、それだけでいいですか?



福島県は、北海道、岩手県に次ぐ面積日本第三位の都道府県です。広大な面積を持つ福島は、地形などの事情から大きく三つの地域に分けられると言います。阿武隈高地から太平洋側の「浜通り」、奥羽山脈から阿武隈高地の「中通り」そして豪雪地帯で、白虎隊や会津若松城(鶴ヶ城)でも有名な「会津」です。

これら三つの地域は、それぞれ独自の料理文化を発展させて来ました。やがて交通の便が発達してくると、その料理文化も少しずつ融合されてきた部分もあるとも言われます。しかしながら、今でもしっかり、独自の料理文化が息づいています。

会津若松の郷土料理には、以下の様なものがあります。

 ・こづゆ(小汁)
  貝柱や干ししいたけ、銀杏、キクラゲ、野菜
  類などの具材がぎっしり入った汁物です。も
  ともとは、お祝い事などのハレの日のご馳走
  で、会津を代表する郷土料理です。

 ・わっぱめし(輪箱飯)
  スギやヒノキで作った円筒形の弁当箱(曲げ
  わっぱ)に、ダシで炊いたご飯と具材を乗せ
  て蒸し上げたものです。
  会津地方では農作業や山仕事の際に、この弁
  当箱を持参する習慣があったそうです。

 ・にしんの山椒漬け  
  身欠きにしんに山椒の新芽と共に漬けたも
  の。保存が効く料理ですが、山椒の香りがお
  酒にも合う一品です。

 ・棒タラ料理
  棒タラとは、その字の通り棒のようにカチカ
  チに乾燥させたタラです。この棒ダラを何日
  もかけて水で戻し、醤油、酒、砂糖、みりん
  などを加えて、数時間かけてことことと煮る
  のが、棒タラ料理です。長時間煮込んでいる
  ので骨まで柔らかく食べられます。

 ・馬肉料理
  会津の馬刺しは、赤みが柔らかく美味しいと
  評判だそうです。食べ方は、辛味噌と醤油に
  つけて食べるのが会津流です。

 ・水蕎麦
  この付近の気候はそばの生育に適しており、
  獲れたそば粉は打つ際につなぎがいらないほ
  どに上質と言われます。そんな蕎麦を、文字
  通り水のみで食べるのが水蕎麦です。食べる
  と蕎麦の香りが口じゅうに広がり…実際に食
  べた人の話だと、味の無い蕎麦だそうです。
  いつもは、香辛料をどばどばっとかけて…な
  ので、食べてもらう人を間違えました…orz


そして、そんな料理文化をしっかり堪能できる老舗の料理旅館が、会津若松駅から徒歩10分程の所にありました。それが、今回ご紹介する料理旅館、「田事」(たごと)です。

「田事」は、1926年大正時代に旅籠として開業したそうで、創業80年を超えます。また、その建物は実に築100年を超えるそうです。玄関を入ると民芸品やら古美術品などの如何にもな調度品があちこちにあり、その歴史を感じさせてくれます。


お部屋

お部屋は全6室で、6~12畳の和室のほか、レトロ感覚なツインベッドのある洋室が一つだけあります。私がお世話になったときはこの洋室でした。全てアウトバス、アウトトイレですが、洋室にはトイレがあった様な…??

このお宿は、大変年期が入っておりますが、至るところピカピカに磨き込まれています。古さは十分に感じられますが、非常に清潔感があふれるお宿です。


お風呂

男女別それぞれひとつですが、貸し切り風呂となっています。別料金が発生するわけではありませんが、あまり広くないお風呂のため、空いている時間に順番に使う、という形です。利用時間は16時~21時と短めで、朝は使えません。まあ、多少の融通は効きます。朝はダメですか?と聞いてみたところ、空いていればどうぞ、と言われたのですが、浴槽の中はもう水になっていました。小さな浴槽ですが、栓を抜いてお湯を入れ直すのも大変なので、やっぱり夜だけ、と。


食事

夕飯も朝食も一階の部屋で基本的には囲炉裏(いろり)を囲んでの食事です(テーブルの置いてある部屋もあります)。

季節に合わせた郷土料理を提供してくれて、建物の雰囲気ともマッチし、非常に満足度のある内容です。もちろん、「こづゆ」「にしんの山椒漬け」などの定番どころは外しません。

名物の「めっぱめし」は、朝食で提供されますので、朝食のみのプランでも楽しむことが出来ます。

この「めっぱめし」は、「しらすめっぱめし」「ぜんまいめっぱめし」「鮭めっぱめし」などの種類があるようですが、なかでも「しらすめっぱめし」が一番人気だそうです。しらすと大葉のバランスが良く、さっぱりといくらでもいける美味しさです。

なお、この宿では「わっぱ飯」を「めっぱ飯」と呼んでいます。会津の方言で、「わっぱ」のことを「めっぱ」というからだそうです。この地方の味と文化を大切にしているんですね。







人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランキングはこちらをクリック!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

士夢亜 宗幸

Author:士夢亜 宗幸
永い永い人生の旅真っ只中、いつも気ままに旅する(自称?)journeyist(ジャーニイスト)、士夢亜宗幸(しむあむねゆき)です。あ、読みにくかったり長すぎたら、「しむあ」でも「しむ」「し」でも何でも結構です(笑)。

国内で訪問したのは47都道府県、海外はちょっぴり7ヵ所だけ。とにかくお出かけ大好きて、ついウッカリと、どこかにさ迷ってしまいます。じっくり滞在するよりもどちらかと言うと移動が好きで、空も海も鉄道も好きだけど、最近は四つ足で道路を転がる事が多いかも。飛行機はANA派て、SFC入手済み。

あとは、大きなお風呂が好きです。手足が伸ばせる大きなお風呂。ほっこりくつろげますよね。別に温泉に限らなくても大丈夫です。

旅先で目に飛び込む景色、耳に聞こえる音、肌に感じる風の感覚、口の中で広がる味わい、そして新しい出会い、そういったものが心に響いて奏でるのが、「旅の音」です。

私の胸の内からこぼれ落ちたそんな「旅の音」のかけらを、人知れず消えていく前に拙い筆先で記録(旅ノート)してみたいと思っています。

あ、ブロとも、相互リンク、お待ちしておりますm(__)m

ご足労有り難うございます

カテゴリ

宜しくお願いします

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

広告